うちわと焼酎

流行りの看板

立て看板の中でも、特に今はやっているのはまっすぐなものではなく、ゆるやかなカーブを描いているスタイリッシュなタイプのもの。やわらかな印象で、道行く人々を惹きつけることが出来ます。

この記事の続きを読む

枝豆とビール

木製看板の魅力

独特の風合いで存在感があるのが、木製看板です。温かみを感じさせるので、利用している店舗も多いです。職人による手彫りの看板もあるので、デザインを依頼して製作してもらっている人もいます。

この記事の続きを読む

うちわとげた

分かりやすい目印

世の中には、様々な店舗があるので見分けるのはとても難しいです。その為、独自のデザインの看板を掲げている店舗がほとんどです。有名店だと、看板を見るだけでどんなお店か分かるところもあります。

この記事の続きを読む

キレイなうちわ
夏祭り

宣伝を行える

布などの素材に、自分でデザインしたイラストなどを使用してオリジナル手提げ袋を作ることができます。ファッションアイテムとして、マイバックとしても利用できることから、人気となっています。

この記事の続きを読む

広告にもなるうちわ

ノベルティとしてオリジナルうちわが人気です。業者に依頼をすると理想の形の商品が出来上がります。夏に活躍します。

青いうちわ

日本人なら誰でも知っている「うちわ」ですが、実は日本発祥ではないことはご存じない方が多いと思います。 紀元前3世紀の中国では、かの有名な?葛孔明(あるいは諸葛亮)が常に身につけていたようです。横山光輝先生の漫画でその姿を見たことがある人は多いのではないでしょうか。 うちわは漢字で書くと「団扇」で、こちらには「扇(あお)ぐ丸いもの」という意味がこめられています。また「打ち払う」にも通じる言葉で、殺生をできないお坊さんが蚊などを追い払うために考案されたとされています。それが日本に渡った際に宗教観と結びつき、魔や邪を払うとして生活用品以上の意味がつけられていたようです。風でなにかを払うというのは、風神様をイメージすると分かりやすいですね。

さて、前述のように歴史があるうちわですが、昨今提供されているサービスにオリジナルうちわの作成というものがあります。 これには大きく二つの可能性が眠っています。一つは自由なデザインを施した、あなただけのオリジナルアイテムとしての可能性。名言を好きなフォントで書くだけでもお洒落ですし、絵や文言の工夫をすればするほど無限のあなたらしさを持ち歩きアピールすることができます。デザイン力に自信があるなら、コミックマーケットでオリジナルデザインのうちわとして販売するのも良いかもしれませんね。 もう一つの可能性は、宣伝商材としての役割です。あなたが何かしらの自営業を営んでいるならば、店オリジナルのうちわを配布するというちょっと気の利いたサービスは、販売戦略の工夫として他店との差別化を図れそうです。チラシと違って、夏の間中捨てられないというのも大きなポイントです。ご近所さんが持っている大根の描いてあるうちわが気になって訊いてみたら、あそこの八百屋さんでお買い物したらもらえたのよということになると、とりあえず一度は足を運んでみようという気になりやすいのではないでしょうか。